ゲムフォレックス スプレッド

通貨価値の売値と買値の差である「スプレッド」はトレードを行う度に積み重なっていくものなので、スキャルピングトレードといった短時間のうちに何回も取引を繰り返すトレーダーにとってはとても重要です。

そんなスプレッド、実は海外FX会社の中でもゲムフォレックスがトップクラスのスプレッドを誇っているって知っていましたか?

今回は、海外FXの中でもゲムフォレックスの最大ライバルと言われるXMと比較しながら、ゲムフォレックスのスプレッドについて見ていくことにしましょう。

ゲムフォレックスのスプレッドは海外FX会社でもトップクラス

ゲムフォレックスのスプレッドは、海外FX会社の中でもずば抜けており、特にゲムフォレックスが提供している「ノースプレッド口座」は、国内FX会社と同じレベルのスプレッドとなっています。

国内FX会社と海外FX会社のスプレッドシステムには、スプレッドが「固定型」か「変動型」か、という大きな違いがあります。海外FX会社は変動型のスプレッドを取っているため、相場状況によってスプレッドが広がりやすかったりする傾向にあります。また、ボーナスキャンペーンやハイレバレッジの影響もあり、スプレッドは広くなりがちです。

しかし、ゲムフォレックスは豪華なボーナスキャンペーンや取引手数料無料といったサービスを提供しているにも関わらず、他の海外FX会社と比較しても圧倒的に狭いスプレッドを提供しています。

口座タイプごとのスプレッド幅の違い

ゲムフォレックスは、自身のトレードスタイルに合わせて選べる「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2種類の口座タイプが用意されています。

口座タイプごとに詳しく見ていきましょう。

1.オールインワン口座

ゲムフォレックスにおいて、スタンダードでノーマルな口座タイプである「オールインワン口座」は、全とレーダーが使いやすいスペック構成となっています。また、スプレッドについても、スタンダード型の口座を提供している海外FX会社の中ではやや狭いスプレッドが提供されています。

ゲムフォレックスのオールインワン口座の主要通貨ペアスプレッドは以下の通りです(2021年7月末現在)。

ゲムフォレックス
USD/JPY 1.4pips
AUD/JPY 1.6pips
CAD/JPY 2.0pips
EUR/JPY 1.5pips
GBP/JPY 2.0pips
NZD/JPY 2.1pips

2.ノースプレッド口座

ゲムフォレックスのノースプレッド口座は、海外FX会社でありながら国内FX会社と同じレベルのスプレッドを提供している口座タイプ。最小スプレッドが0.0pipsの通貨ペアもあり、狭スプレッドを希望する方にはまさに魅力的な口座となっています。

ゲムフォレックスのノースプレッド口座の主要通貨ペアスプレッドは以下の通りです(2021年7月末現在)。

ゲムフォレックス
USD/JPY 0.3pips(最小0.0pips)
AUD/JPY 0.6pips
CAD/JPY 1.2pips
EUR/JPY 0.5pips
GBP/JPY 1.0pips
NZD/JPY 1.2pips

海外FXのライバルXM tradingとスプレッドを徹底比較

以上、ゲムフォレックスの口座タイプごとのスプレッドについて見てきました。

ここからは海外FX会社の中でもゲムフォレックスのライバルと称されるXM tradingとスプレッドを比較しながら、ゲムフォレックスのスプレッドがどれだけ狭いのかについて見ていきましょう。

以下、ゲムフォレックスとXMの口座ごとの平均スプレッドを表にまとめました。

ゲムフォレックス XM
オールインワン口座 ノースプレッド口座 スタンダード口座 XMZERO口座
USD/JPY 1.4pips 0.3pips 1.6pips 1.0pips
AUD/JPY 1.6pips 0.6pips 3.3pips 1.2pips
EUR/JPY 2.0pips 1.2pips 2.1pips 1.4pips
GBP/USD 2.2pips 1.3pips 2.2pips 0.3pips
AUD/USD 1.5pips 0.3pips 1.6pips 0.4pips

ゲムフォレックスのオールインワン口座もノースプレッド口座も、XMに比べるとほとんどの通貨ペアでスプレッドが狭くなっています。XMのスプレッドは海外FX会社の中では平均的な数値なので、ここから見ても、ゲムフォレックスのスプレッドが狭いということが証明されています。

ゲムフォレックスのスプレッドは早朝に広がりやすい

海外FXの雄ゲムフォレックスは、豪華なボーナスキャンペーンや手数料無料という理想的なトレード環境を提供していながらも、海外FX会社の中でもトップクラスのスプレッドを提供しているFX会社です。

これまで見てきたように、オールインワン口座とノースプレッド口座両方とも、他のFX会社と比べても狭いスプレッドを提供してくれているのですが、実はスプレッドが広がりやすいタイミングというものがあり、そのタイミングでのトレードには注意が必要です。

ゲムフォレックスでスプレッドが広がりやすくなるタイミングは、『早朝』と『経済指標発表時』の2つです。
これらの時期になぜスプレッドが広がりやすくなるのでしょうか。

1.早朝

早朝にスプレッドが広がりやすくなる理由についてですが、単純に早朝だとトレードに参加するトレーダー数が著しく減る、さらに多くのFXトレーダーがポジション決済など整理をしてしまうからです。
中でも週末はFXトレーダーが保有しているポジションを整理しやすいタイミングでもあるため、損切ラインを事前に設定しておくとよいでしょう。

2.経済指標発表時

経済指標発表時は最も気を付けたいポイントです。
その経済指標の中でも『米国雇用統計』は多くのトレーダーが注目している重要な経済指標となっています。
米国雇用統計については「毎月第一金曜日の日本時間22:30前後」に発表されるため、このタイミングに大幅なスプレッド拡大が起きてしてしまう可能性が高いのです。
ただ、これらのタイミングに注意しておけば、重大な発表やイベント・事件等がない限りは大きくスプレッドが広がることはありませんので、意識することだけを心がけましょう。

まとめ

今回の記事では、ゲムフォレックスのスプレッドに関する情報を見てきましたが、いかがだったでしょうか?

世界最狭水準のスプレッドと理想的なトレード環境を提供してくれるゲムフォレックスは、FX初心者をはじめ、多くのFXトレーダーにおすすめできる海外FX会社です。

海外FXで利益を稼ぎたければ、スプレッドの広さは非常に重要な指標となりますので、狭いスプレッドを誇るゲムフォレックスであれば、手数料コストをセーブすることができ、トレードを円滑に行うことを可能にしてくれます。

これだけの狭スプレッドを提供している海外FX会社はあまりなく、ゲムフォレックスはその最高峰。ぜひゲムフォレックスでその狭スプレッドによるトレードを実践してみてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。