ゲムフォレックス 金融ライセンス

「ゲムフォレックスは金融ライセンスを取得してないので不安」
「金融ライセンスさえ取得してくれればすぐにでもゲムフォレックスで口座開設するんだけど」
といった声も過去には見受けられたゲムフォレックス。
しかしながら、そのゲムフォレックスも2019年6月に金融ライセンスを取得したことにより、更なるトレーダー獲得に向け信頼度を大きく増しました。

今回はゲムフォレックスが取得した金融ライセンスがどのようなものなのか、また日本で金融ライセンスを取得していない理由について見ていきましょう。

ゲムフォレックスが取得したのはニュージーランド金融ライセンスFSP

ゲムフォレックスが取得している金融ライセンスはニュージーランド金融ライセンス(FSP)になります。
会社概要にもニュージーランド金融ライセンス番号:FSP564306と記載されており正規のものとみて問題ありません。

このゲムフォレックスが取得したFSPライセンスは他のFX会社も取得している金融ライセンスで、一定の安全性や信頼性があると判断されているものです。

ニュージーランド金融ライセンスFSPを取得するための条件とは?

ゲムフォレックスが取得した金融ライセンスFSPですが、取得するにあたってはいくつかの条件を満たす必要があるとされています。具体的には以下のような条件がそれにあたります。

  • ニュージーランドにオフィスを持っていること
  • オフィス内にコンプライアンス・ディレクターを雇っていること
  • 顧客の取引記録、顧客審査、アンチマネーロンダリングなどの手続きはニュージーランド国内のオフィスで取り扱っていること
  • 毎年のコンプライアンス検査をクリアしていること

どの条件もそれなりに条件が高く、特にコンプライアンス検査は厳しいと言えるでしょう。
とはいえ、ゲムフォレックスはFSPの金融ライセンスを取得してから2年、金融ライセンスを剥奪されたといったこともなくきているので、毎年のコンプライアンス検査を無事にクリアしているということなのでしょう。その点は安心と言えますね。

ニュージーランド金融ライセンスFSPは取得難易度が上昇中!

金融ライセンスには取得が難しい、つまり取得難易度が高いものが存在します。
取得状況は日々情勢などにより変化し、その難易度が上がることもあれば、反対に難易度が下がることもあります。その安全性や信頼性といったその時々で変わってくるものなのですね。

ゲムフォレックスが取得しているニュージーランド金融ライセンスFSPですが、ここ最近取得難易度が上がっていると言われている金融ライセンスの一つです。
というのも、FSP側も金融ライセンスを希望するFX会社のクオリティを重視するようになり、すでに金融ライセンスを取得しているFX会社であっても、FSPの条件を満たせていない場合であれば、ライセンスが剥奪されるといった動きが2015年あたりから随時見られるようになっています。

そのように情勢が厳しくなる中、ニュージーランド金融ライセンスFSPを保有し続けているゲムフォレックスは安心・信頼できる海外FX会社であると言えるのです。

ゲムフォレックスはなぜ日本で金融ライセンスを取得していないのか?

ゲムフォレックスは日本人トレーダーから非常に人気のある海外FX会社であり、日本人ユーザー数もかなり増えています。

とはいえ、ゲムフォレックスは日本においては金融ライセンスを取得していません。
日本にいる多くの日本人がゲムフォレックスを利用しているからと言って、日本における金融ライセンスを取得しているとは限りません。

では、なぜゲムフォレックスは日本で金融ライセンスを取得していないのでしょう?

それは日本で金融ライセンスを取得してしまうと規制が厳しすぎて、ゲムフォレックス本来の強みがすべてなくなってしまうからと言われています。

その一つにレバレッジの問題があります。たとえば、ゲムフォレックスは最大レバレッジ1,000倍というのが大きな魅力の海外FX会社であるのは周知の事実です。

しかしゲムフォレックスが日本の金融ライセンスを取得してしまった場合、レバレッジが最大25倍までに規制されてしまうことになります。この最大25倍というのは2009年に「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」の交付により、2011年8月から施行されていている規制です。

日本で金融ライセンスを取得してしまうと、最大レバレッジ1,000倍を誇るゲムフォレックスといえど、国内FXと同じ25倍のレバレッジまでしか提供できなくなってしまいます。そのためゲムフォレックスは、自社の魅力を最大限発揮するために、あえて日本においては金融ライセンスを取得していないのですね。

日本の金融庁から受けている警告について

上記のようにゲムフォレックスは日本の金融ライセンスを保持していないにも関わらず、日本国内に居住する日本人トレーダーを多く抱えていることもあり、日本の金融庁から警告を受けています。この件についてはゲムフォレックスに限らず、他の海外FX会社の多くも何かしらの形で日本の金融庁から警告を受けているのが現状です。

ゲムフォレックスが日本の金融庁から警告を受けているのは、「インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘をおこなっていた」という部分に対してなのですが、日本の法律上では海外FX会社であるゲムフォレックスが日本人向けにキャンペーンを行ってはならないことになっているため、そのことが引っ掛かっていることになります。

しかし、ゲムフォレックスが日本人トレーダーに対し何か悪いことをしたわけではありませんので、日本の金融庁からの警告を特に気にする必要はありません。

まとめ

今回の記事では、ゲムフォレックスが取得した金融ライセンスがどのようなものなのか、また日本で金融ライセンスを取得していない理由についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

長年金融ライセンスを取得していなかったゲムフォレックスが、2019年6月にライセンスを取得、すでに2年が経過しました。その間特にライセンスはく奪等もなくやれていることもあって、ゲムフォレックスへの安心感や信頼度が低下することもありません。それどころか金融ライセンス取得以降、口座開設数はうなぎのぼり!これからもゲムフォレックスの人気は続くことでしょう。

最大レバレッジ25倍の国内FXと比べてハイレバレッジが魅力な海外FX、その中でも圧倒的人気を誇るゲムフォレックスは今後も目が離せません!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。