ゲムフォレックス 入金方法

国内FXにせよ海外FX会社にせよ、どの会社を選ぶかを考える際には様々な視点で比較検討していく必要があります。その中の一つに「口座への入金方法」があります。

というのも、FXトレードにおいては自分にとって使いやすい、利便性の高い入金方法が設置されているかどうか、入金するにあたって手数料はかかるのか?など、後から「なかった」では済まされない事項など、思っている以上に大きなポイントとなってくるのです。

昨今は様々な決済手段があり、オンラインウォレットなるものなどもスタンダードになりつつあります。

今回は海外FXの中でも非常に人気の高い「ゲムフォレックス」の入金方法について見ていくことにしましょう。
ゲムフォレックスには何種類の入金方法があるのか、またその中でおすすめの入金方法は何なのか?等について検証委してきます。

目次

ゲムフォレックスが用意している入金方法はなんと13種類!

ゲムフォレックスでは2021年8月6日現在、13種類の入金方法が用意されています。入金方法と基本通貨、最低入金額、手数料、反映時間はそれぞれ以下の通りです。現在のところ7種類の入金方法はメンテナンス中の扱いとなっており、入金対応が出来なくなっています。これらのものがいつ再開するかは現状未定です。

入金方法 基本通貨 最低入金額 手数料 反映時間
銀行送金 JPY 1000円 無料 入金確認後即時
クレジット決済(Visa, Master, アメックス, DINERS Club, DISCOVER) USD、JPY 50USD / 5000JPY 無料 即時
ビットコイン決済 BTC 0.01BTC 無料 即時
Ethereum 決済 ETH 0.1ETH 無料 即時
PayPal 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

USD、JPY 100USD / 10000JPY 無料 即時
PerfectMoney 決済 USD 100USD 無料 即時
MegaTransfer 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

USD、JPYCNY 100USD / 10000JPY 無料 即時
PAYEER 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

USD 100USD 無料 即時
UnionPay, 中国国内銀行, Wechat 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

CNY 500CNY 無料 即時
bitwallet 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

JPY 10000JPY 無料 即時
MASTER/JCB, 中国国内銀行 決済 USD、JPYCNY 5000 JPY/50 USD 無料 即時
STICPAY 決済 JPY、USD 5000JPY/50USD 無料 即時
中国国内銀行 決済

※2021年8月時点でメンテナンス中

JPY、USD 5000JPY/50USD 無料 即時

以上の表を見ていただいてわかるように、ゲムフォレックスでは入金手数料はすべてにおいて「無料」となっています。しかしこれは入金手数料が無料というだけであって、その他にかかる費用は含まれていません。

以下でそれぞれの入金手段について詳しく見ていきましょう。

銀行送金(国内送金)

上記の表に記載したとおり、ゲムフォレックスには多彩な入金方法が存在しているものの、一番使いやすく、無難な入金方法が「銀行送金(国内送金)」です。この銀行送金は、基本的に皆さんが銀行で振り込みを行うのと同じイメージしです。ゲムフォレックスでは2015年より国内銀行送金が実行されています。現状海外FX会社で国内送金可能なのはゲムフォレックスとXMのみとされています。これだけでも国内のFXトレーダーであれば安心材料となるのではないでしょうか。

なぜゲムフォレックスの入金方法の中でもおすすめなのかというと、銀行送金(国内送金)の場合、自分の口座へ即時反映されるというメリットがあるためです。海外送金の場合は送金してから数日後に反映されるため、その違いは一目瞭然。そのため、スピーディーな入金を求めているという方には、ゲムフォレックスはおすすめの海外FX会社だと言えるのではないでしょうか。

ゲムフォレックスで銀行送金を行う場合の注意点

ゲムフォレックスで銀行送金を行う際には、以下のような点に注意しなければなりません。

  • 口座開設の名義と振込依頼人名義を同じ名義とする
  • 銀行口座に入金する前に入金予約登録をする
  • ゲムフォレックスの口座番号を振込依頼人の末尾と備考欄にそれぞれ記入すること
  • ゲムフォレックスのマイページで事前に個人情報を登録しておくこと
  • 夜間振り込みなど営業時間外の入金には注意

「口座開設の名義と振込依頼人名義を同じ名義とする」の部分ですが、昨今、マネーロンダリングなどの横行により、第三者の入金をゲムフォレックスでは禁止しているので入金時には同一名義から必ず行うようにしましょう。もし第三者名義から送られた資金が発覚した場合には、例外なく即時差し戻し対応となるなど、ペナルティを喰らってしまう原因となります。

銀行送金の入金方法の手順について

ここではゲムフォレックスにおける銀行送金の入金手順について見ていきましょう。
国内送金対応の銀行はメガバンクの三井住友銀行。インターネットバンキングが行える環境があればいつでもすぐに入金対応ができます。口座残高への反映ですが、即時反映ということが記載されているものの、平日昼間の場合、通常30分~1時間程度かかることもあります。

入金への流れは以下の通りです。

(1)個人情報の登録

まずゲムフォレックスにて個人情報の登録が必要となります(ただし、口座開設時にすでに個人情報の登録が終わっている方は不要です)。ゲムフォレックスのマイページにログインし、「個人情報の登録」を行います。
情報の入力が終わりましたら「登録確認」ボタンをクリックしましょう。それでひとまず個人情報の登録は終了です。

(2)振込予約

次に、ゲムフォレックスマイページの「ご入金」をクリックしましょう。銀「行振込入金予約登録フォーム」がありますので「ご入金口座」の部分にはゲムフォレックスの口座番号、「ご入金金額(JPY)」の部分には希望の金額を入力します。その後「上記内容にて振り込み予約をする」をクリックします。「予約登録を行いますか?」と出てくるので「YES」ボタンを押したら予約が完了となります。

この振込予約ですが、10日間は有効となりますが、もし遅れてしまった場合には再度入金振り込み予約を行うようにしましょう。入金予約後に振込先に関する情報がメールにて届きます。そちらを確認しましょう。

(3)メール確認後

振込先に関するメールに従い、その後銀行送金での入金対応をしていきますが、ここで1点注意があります。
振込依頼人の部分の末尾にはゲムフォレックスの口座番号を必ず記載しておくこと。この記入がないとゲムフォレックス側での処理が遅れてしまいますので気を付けましょう。

以上がゲムフォレックスの銀行送金による入金手順となります。

クレジットカード決済

ゲムフォレックスでは銀行送金と同じく人気の入金方法となる「クレジットカード決済」。非常に利便性が高いこともあって便利です。ゲムフォレックスではこのクレジット決済での入金も手数料は無料となっています。

現在ゲムフォレックスで利用できるカードの種類は5種類、Visa、Master、アメリカン・エキスプレス、DINERS Club、DISCOVERです。

またクレジットカード決済での入金もゲムフォレックスでは「即時反映」ですので、スピーディーな入金を行いたい方にはおすすめです。

ゲムフォレックスでクレジットカード決済にて入金を行う場合の注意点

ゲムフォレックスでクレジットカード決済を行う場合の注意点ですが、以下の通りとなっています。

  • 1回につき入金上限金額は500,000円であること
  • 1日に入金できる回数は3回までに制限されていること。よって1回の上限金額500,000円×3回=1,500,000円までが一日の入金上限金額
  • 1日の上限額で振り込みした場合、2営業日たたないと再度の入金が不可である
  • 最低入金金額が50$(約5,000円)であること
  • ゲムフォレックスの口座名義がカードの名義と同じであること

Visaカードに関しては1回にける入金上限額が265,000円となっていますので注意しましょう。

ゲムフォレックスのクレジットカード決済における入金方法の手順について

ゲムフォレックスでのクレジットカード決済における入金の具体的な手順は以下の通りとなります。

(1)ゲムフォレックスのマイページから「ご入金」をクリックする

ご入金をクリックすると「口座番号」と「ご入金金額」を入力する欄がありますので、そちらを入力します。入力が終わったら「入金はコチラ」をクリックしましょう。そうすると今後は「GEMFOREXクレジット決済申請フォーム」という画面に切り替わりますので、必要情報を入力していきます。

項目としては「メールアドレス」「名前(姓・名)」「カード種類」「クレジットカード番号」「カード有効期限」「CVV/CVC(Card Code)」を入力します。氏名に関しては英語での入力となりますので、注意しましょう。
また口座名義人とクレジットカードの名義人が同一であることが求められるので、入力ミスなどないように気を付けましょう。

以上の情報をすべて入力したら、「決済確認」ボタンをクリック、こちらでクレジットカード決済による入金処理は完了となります。

ただし、クレジットカード決済の場合には国外決済という位置づけとなるため、決済と請求のタイミング差がおよそ17時間ある点が注意ポイントです。

ビットコイン決済

ビットコイン決済による決済も入金方法の一つとしてあるゲムフォレックス。仮想通貨に精通している方であればビットコイン決済というのも入金手段の選択肢にいれることができます。

そもそもビットコイン決済とはどのようなものなのか?というと、仮想通貨の一つであるビットコインで決済を行えるものです。

ビットコインはドルや円といった通常の通貨と同様に利用できるので、将来性が高いとされています。
とはいえ、価格変動が激しく、ビットコイン決済の申請タイミングが難しいのが特徴です。もし海外FXの入金手段として、ビットコイン決済を利用するには相応のスキルが必要となります。

またこのビットコイン、ゲムフォレックスでは入金は行えるものの、出金はできないので注意しましょう。
そんなビットコインの基本通貨単位はBTC、最低入金額は0.01BTCとなっています。

ゲムフォレックスのビットコイン決済における入金方法の手順について

ゲムフォレックスでのビットコイン決済における入金の具体的な手順は以下の通りとなります。

  1. まずはゲムフォレックスのマイページにログインし、「ご入金」をクリック
  2. ビットコイン決済の項目で、入金希望の口座番号を選択
  3. 右部分に記載されたBTCアドレスまで0.01以上のBTCを送金
  4. 送金処理が終わった後はトランザクションの確定まで待つ
  5. トランザクション確定すると入金反映される

ビットコイン決済では3の段階で必要となる専用アドレスをあらかじめ作成しておくことが必要となります。このアドレス生成は、「専用アドレス作成」ボタンをクリックするだけで5分ほどにて生成されます。

イーサリアム決済

イーサリアムもゲムフォレックスで入金手段として利用できるものですが、こちらも仮想通貨です。
イーサリアムについて詳しく知らない人おために少々お話しすると、イーサリアムは2013年ヴィタリック・ブテリンによって開発、イーサリアムとは仮想通貨の名称というよりも、スマートコントラクト(ブロックチェーン上にプログラムを書き込むことで設定要件を自動的に実行する機能(アプリケーションの記録・契約内容の保存など))を提供するプラットフォームを言います。

先ほど紹介したビットコインに比べると人気面や市場規模感が小さいといった点はありますが、仮想通貨の人気に伴い今後の注目度は高まると予想されています。

このイーサリアム決済においても価格変動が激しく、決済の申請タイミングは難しいこともあって、仮想通貨による入金というのは知識やスキルが必要といえるでしょう。

イーサリアムの基本通貨はETH、最低入金額は0.1ETHとなります。

ゲムフォレックスのイーサリアム決済における入金方法の手順について

ゲムフォレックスでのイーサリアム決済における入金の具体的な手順は以下の通りとなります。

  1. まずはゲムフォレックスのマイページにログインし、「ご入金」をクリック
  2. イーサリアム決済の項目で、入金希望の口座番号を選択
  3. 右部分に記載されたBTCアドレスまで0.1以上のETHを送金
  4. 送金処理が終わった後はトランザクションの確定まで待つ
  5. トランザクション確定すると入金反映される

イーサリアム決済でもビットコイン決済と同様3の段階で必要となる専用アドレスをあらかじめ作成しておくことが必要となります。アドレス生成は、「専用アドレス作成」ボタンをクリックすればすぐに(5分後)生成されます。

PayPal決済

PayPalとはペイパルが事業者と消費者との中間に位置し、オンライン上での決済をスムーズに安全に行うことが出来るサービスとして、世界中でも人気の決済プラットフォームです。世界中でおよそ3億人以上がこのPayPalユーザーという市場規模も大きなサービスとなっています。

PayPalの利用者はクレジットカード番号といった決済情報を事業者側に伝える必要がなく、事業者側もクレジットカード決済、銀行決済を比較的楽に導入することが可能なのです。

PayPalの特徴としては決済の安全性が高いことが一番の特徴。個人情報は暗号化キーで保護、365日24時間の監視体制で、不正アクセスやフィッシング詐欺、なりすまし等を防ぐ対策が取られています。
さらにPayPalは入金サイクルが非常に早いことや、海外展開にもスムーズに対応されるとあって、複数の海外FX事業者が採用するのもうなずけます。

しかしながら残念なことに、現在のところゲムフォレックスではPayPal決済による入金対応は行われておりません。PayPal決済を考えている方は、まずは別の決済手段で入金対応を行いながら、利用開始されるのを待つしかありません。

Perfect Money決済

Perfect Money決済とはあまり耳慣れない決済手段かもしれませんが、こちらはせオンラインウォレットの一つです。

Perfect Moneyはインターネット上の新世代お支払いシステムという触れ込みのサービスなのですが、パナマにあるSR&Iという企業が提供しています。オフィスは香港にあり、運用実績は2007年からとそこそこ長いのが特徴です。
公式サイトでは23種類の言語に対応していますが、日本語部分は不自然なところが多く、非常に読みにくいです。

ゲムフォレックスでは入金においてこのPerfect Moneyを使用することができます。がUSD入金のみであるため、利便性はあまりよくありません。

ゲムフォレックスのPerfect Moneyにおける入金方法の手順について

ゲムフォレックスでのPerfect Money決済における入金の具体的な手順は以下の通りとなります。

  1. ゲムフォレックスのマイページにログインし、「ご入金」をクリック
  2. Perfect Money決済の項目で、入金希望の口座番号を選択(円口座は指定できない)
  3. 入金金額を入力 入金金額の条件は100.00~2,000.00ドルとなっています。

MEGA TRANSFER決済

Mega Transfer(メガトランスファー)もPerfect Money同様、日本ではあまり馴染みがないサービスではありますが、PayPalやPerfect Moneyといったオンラインウォレットの一つであり、英語圏や中国など、数多くの国で利用されているサービスです。7か国の言語の表示はあるようですが日本語向け公式サイトは存在せず、英語サイトがメインとなっています。

上記のように日本語公式ページがないことから、あまり情報が出回っていないのですが、こちらの決済もゲムフォレックスの入金手段としては現在メンテナンス中で利用できません。いつ再開するかは未定ですので、気長に待ちましょう。

PAYEER 決済

PAYEERは世界200か国以上で利用可能な送金プラットフォーム。日本語ページがないように、日本ではあまり知名度が高くはないようです。
基本通貨はUSD、JPY、CNYとなっています。

ジョージア国立銀行傘下のネットバンクになるPAYEERは、スコットランドにある「AB10 1XE、Aberdeen Akkord Welt LP-5 Rubislaw Terrace」により運営されています。PAYEERはゲムフォレックスでは2016年に決済スタートしたという記載が公式サイト上にはありますが、現在はメンテナンス中とのこと。利用可能となるまではしばらくかかりそうですね。

UnionPay, 中国国内銀行, Wechat 決済

UnionPay, 中国国内銀行, Wechat 決済の3つの決済はいずれも基本通貨がCNY(中国人民元)の中国系のサービス。
そのためあまり日本では知名度が高くないというデメリットがあります。しかしながら、興味がある方ですと今後を見据えて知っておくとよいかもしれません。

UnionPay

UnionPayは約60もの国や地域でカード発行を行っているオンラインウォレットです。UnionPay自体は現在177か国にて利用可能、世界では2,000以上の期間と連携しているなど、世界的には知名度も高いサービスとなっています。UnionPayを扱うUnionPay Internationalは、UnionPayの国際事業を取り持つ関連会社で、良質で安全なグローバル決済サービスを提供しているとのこと。決済時点のレートにて中国人民元に換金後、決済処理が行われることとなっています。

公式サイトは15の言語が用意され、日本語ページもあるようです。
日本国内でも2006年よりカード発行業務を開始、国内加盟店数は130万店を超えています。大手銀行や全国コンビ二でも利用可能です。
UnionPayの最低入金額は500CNY、上限は100,000CNYとなっています。

中国国内銀行

中国国内銀行決済は、ほとんど情報がありません。基本的日本に住んでいる日本人トレーダーが利用することはない決済サービスなので、利用を検討する必要もないでしょう。
一応記載しておくと、中国国内銀行の最低入金額は500CNY、上限は5,000CNYとなっています。

Wechat決済

Wechat決済とは、中国でNo.1のメッセンジャーアプリとされる「Wechat」を利用する形のオンラインウォレット。基本的にWechatのアカウントと連動しています。日本に住む我々にはあまりなじみがない「Wechat」ですが、中国国内ではAlipay(アリババの決済システム)に次ぐシェアを誇ります。

日本人の場合でも、中国国内に銀行口座がなくてもVisa、Master Card、アメリカン・エクスプレス、Discover、JCBカードのいずれかを登録すればこのWechat決済を利用できるようにはなっているようですが、不具合も多いようでまだまだこれからといった感じです。

とはいえ、こちらのサービスも日本人トレーダーが利用する機会はほとんどないと思われますので、気になる方はWechat公式サイトなどから確認してみてください。
Wechatの最低入金額は500CNY、上限は5,000CNYとなっています。

ここでご紹介した、3つの中国系の決済手段ですが、いずれのものも現在ゲムフォレックスではメンテナンス中となっており、利用不可の状態のものばかりです。他の決済手段にメジャーなものも多く、仮に再開してもわざわざ利用するほどのものではないかもしれませんので、そこはくれぐれも自己判断・責任にて検討するようにしてみてください。

bitwallet決済

bitwalletとは、2012年にシンガポールで設立されたシンガポール法人であるbitwallet Pte LTDが運営するオンラインウォレットサービスのことを言います。このbitwalletは世界の4種類の法定通貨 (米ドル・日本円・ユーロ・豪ドル)に対応したセキュリティの高いオンラインウォレット。

bitwalletの特徴
  • 銀行や両替所などでこれまで無駄に払っていた手数料をbitwalletなら手数料が無料
  • 各国通貨へすぐに両替
  • 多くのFXブローカーで採用されている決済方法
  • 各国の銀行口座で引き出し可能

bitwalletを利用することにより、bitwalletと海外FX会社の間での入金手数料が無料となるというメリットがあることもあって、海外FX会社の多くは入出金のルートをbitwalletへ一本化するようにしています。

ゲムフォレックスでもbitwalletを扱っていた時期がありましたが、現在はメンテナンス中となっています。いつ再開するかは今のところ不明のため、bitwallet決済をどうしても行いたい!という方は他の海外FX会社を頼るしかないでしょう。
しかしながら、bitwalletは他のFX会社からの利用も停止が相次いでおり、状況は厳しそうです。AxioryやXMといった海外FX会社でも利用停止や制限がかけられていることがわかっています。

MASTER/JCB、中国国内銀行

中国国内銀行のMASTER/JCBによる入金手段は「ZOTAPAY」というオンラインウォレットサービスを利用します。
こちらは場合には、決済時のレートにて中国人民元(CNY)に換金されたのち、決済処理が行われる形が取られます。基本通貨は米ドル(USD)、日本円(JPY)、中国人民元(CNY)となっていますが、入金金額は入金先口座に指定しなければならない規定があり、いかなる通貨の場合でもすべて中国人民元決済となります。

最低入金金額は50$(約5,000円)から、入金限度額は500$(約50,000円)となっています。

ゲムフォレックスのZOTAPAYにおける入金方法の手順について

ゲムフォレックスでのZOTAPAY決済における入金の具体的な手順は以下の通りとなります。

  1. ゲムフォレックスのマイページにログインし、「ご入金」をクリック
  2. ZOTAPAY決済の項目で、入金希望の口座番号を選択し入金額を入力
  3. 名前や住所、アドレス情報などをすべて入力する
  4. 入力終了後、「中国国内銀行決済フォームへ」をクリック
  5. 決済終了

STICPAY決済

STICPAY決済もオンラインウォレットサービスの1つ。これまで紹介してきたオンラインウォレットサービスの中ではJPY口座に対応しているということもあり、利便性は比較的高いと言えます。公式サイトを見る限り、日本語対応はそこまで悪くなさそうです。このSTICPAYのサービス開始は2018年からとまだ比較的新しいのですが、日本人トレーダーにとっては日本語サービスの充実度が高いので、今後利用者が増加するのではないでしょうか。

基本通貨はUSDかJPYのどちらからとなります。最低入金額は50$(約5,000)円、入金上限額は500$(約50,000円)ということなので、少額入金となってしまうのは少々デメリットに感じます。

こちらのSTICPAY、少し前までは利用できていたのですが、ゲムフォレックスでは現在のところメンテナンス中となっています。一度メンテナンス中となっても復活することは往々にしてありますので、STICPAYを利用してみてい方はしばしお待ちいただくことを推奨します。

FAST PAY決済

FASTPAYは売り手側に対し自分のクレジットカード情報を提供することなく支払いを行えるオンラインウォレットサービス。Visa、Master Card、DINERS、JCB、やYahoo!ウォレットID決済にも対応しています。

FASTPAYの公式サイトを見ると日本語でのサポートはなさそうですので、日本人トレーダーでも利用する人は少ないのではないかと思いますが、ゲムフォレックスではこちらの決済手段もメンテナンス中となっているので、今後も使う機会はないかもしれません。

ゲムフォレックスで入金がうまく行えない場合の対処方法について

ここまで、ゲムフォレックスでは多くの入金方法があることがわかっていただけたと思いますが、選択した入金方法がなぜかうまくいかない、ということが起きた場合にどのように対処したらよいかについて見ていきましょう。

もしゲムフォレックスで入金処理がうまくできない場合、次の4つのどれかが原因であることが考えられます。

1. (クレジットカード決済の場合)カードが対応しているかどうか?

ゲムフォレックスで利用可能なクレジットカードはVISA、Master Card、アメリカン・エキスプレス、DINERS Club、DISCOVERの5つのみです。これ以外のカードを使用しようとしていないかどうか再度確認しましょう。

2. (クレジットカード決済の場合)入金限度額に達していないかどうか?

クレジットカード入金には1度に入金できる金額が50万円までという入金限度額がありました。その限度額に達していないかどうか確認しましょう。またVisaを利用している場合には、限度額が265,000円と上限値が低く抑えられています。その点も忘れないようにしておきましょう。

3. (クレジットカード決済の場合)入金回数の制限にかかっていないかどうか?

入金回数は1日3回までと制限されています。そのため、それ以上の回数で入金しようとすればNGとなってしまいます。加えて1日に上限回数3回入金を行った後、2営業日後にならないと次の入金処理が行えないため、気を付けましょう。Visaを利用している場合には、1か月で5回までしか入金が行えません。

2番のケースと併せて、Visaカードを使用して入金処理を行おうと検討している方は、Visaを利用するのではなく、他のクレジットカードを利用した方が、利便性が高そうです。

4. 口座が凍結されていないかどうか?

ゲムフォレックスでは口座利用を90日(約30日)の間行わない状態が続いてしまうと、休眠扱いとなってしまいます。休眠口座となった場合、月額15$(約1,500円)の口座維持費が掛かってしまいます。この点に気づかず、口座残高が不足した状態(ゼロ以下)になってしまうと、凍結口座とされてしまいます。

このようになってしまうと、カスタマーサポートに連絡して凍結解除してもらうしかなくなります。そのため、口座残高は常に意識しておくようにしましょう。

上記を見てわかる通り、入金処理がうまくいかないケースの大半はクレジットカード決済の場合となっています。
そのため、クレジットカード決済を選択する方は注意が必要です。

ゲムフォレックスでおすすめの入金方法

ゲムフォレックスでのおすすめ入金方法は入金額によって変わってきます。

1,000円~5,000円程度の少額入金の場合には、銀行振込による入金がベストとなります。入金反映まで少々時間がかかることもありますが、手数料面や安全面から考えると断トツに使い勝手が良いです。
もし、5,000円以上の入金を行う場合には、クレジットカードによる入金がおすすめとなります。

ゲムフォレックスでのおすすめ入金タイミング

ゲムフォレックスで入金を行うのに適したタイミングというのがあるとすると、おすすめは「入金ボーナス」がある場合といえるでしょう。

ゲムフォレックスでは定期的に入金ボーナスを開催していますが、抽選に当選すればボーナスが受けられます。とはいうものの、ボーナス開始がいつからなのかわからなかったり、口座を90日間利用していないと休眠口座扱いされる可能性もあります。

そのため、こまめにゲムフォレックスの公式サイトの情報を確認しつつ、入金ボーナスに当選するのを期待する、といった運にも左右されるものだと思っておきましょう。

ゲムフォレックスで銀行送金以外の手段にて入金を行った場合に付与されたボーナスが50%に減額されてしまいます。そのためボーナスをMAXで活用するためには銀行送金による入金以外には考えらない、ということになっています。

ゲムフォレックスで2021年8月6日現在開催されているボーナスは「1,000%ボーナスジャックポット」と「口座開設ボーナスキャンペーン」の2つです。おそらく口座開設ボーナスと通常の入金ボーナスキャンペーンは交互に行われる傾向にあるので(連続で同一のものが行われることもありますので一概にそうとは言えません)、入金ボーナスを銀行送金で入金したいと考えるのであれば、口座開設ボーナスキャンペーンではなく、入金ボーナスキャンペーン開催時に入金を行うように調整していきましょう。

ゲムフォレックスの1,000%入金ボーナスジャックポット(毎日実施・ハズレなし)

先ほど入金タイミングはボーナスがある時が良いとお伝えしましたが、常時やっている入金ボーナス「1,000%入金ボーナスジャックポット」は侮れません。こちらは365日年中無休(毎日)でハズレがなしという、ゲムフォレックス独自のボーナスです。このようなキャンペーンを行っている海外FXを見たことがないので、興味をそそるキャンペーンです。

こちらのキャンペーンの特徴はなんといっても、最大1,000%の入金ボーナスとなっていること、2~1,000%までの間で抽選が行われハズレがなく、必ずいずれかの倍率で当選するものであるという点。
ただし誰もが当選権利を得られるのではなく、24時間以内(MT4時間で0時~23時59分)に決済済みの取引を5Lot以上行ったFXトレーダーを対象としているものとなっています。この条件を満たすトレードを行う予定があるのであれば、入金を行いさえすれば翌日に抽選権利を獲得することができます。

注意点としては金曜日に関しては翌週月曜日に抽選権利が獲得となる点のみ注意が必要です。

この「1,000%入金ボーナスジャックポット」は特に申し込みなどが必要なく、ただ条件をクリアしさえすれば、自動的に翌日になるとマイページ上に「抽選権利」ボタンが表示される仕組みといたってシンプル。

よって抽選権利を得たら入金処理を速やかに行い、自分の口座に証拠金として反映されたら抽選にチャレンジすることができます。抽選結果は数十秒で結果が判明するため、得たボーナスをすぐに確認することができます。

ただし、24時間以内に抽選に参加しなかった場合には、せっかく手に入れた「抽選権利」ボタンはマイページから自動的に消滅してしまい抽選権利も失ってしまいます。ボーナス目当てで得た権利であれば、忘れずに抽選を行うようにしておきましょう。

この1,000%入金ボーナスジャックポット、ボーナスのみを目的とした出金を行い、入金をする人が多いようで、ゲムフォレックス側で総合的に判断した場合、該当者に対しては当選確率を低く設定する場合があるとのこと。確かにボーナスが魅力のゲムフォレックスであるので、なんとかボーナスを手に入れたい、という願望に苛まれて違反すれすれの行為をしてしまいがちな人も中に入るかもしれませんが、くれぐれもブローカー側の反感を買わないようなトレードや対応を行うようにしておくのが、安全に気持ちよくFXトレードを行うための基本ではないかと思います。

ゲムフォレックスの「入金ボーナス」開催頻度や予定について

ゲムフォレックスの「入金ボーナス」はたいてい3日間や5日間といったように数日継続するものが月に2回程度、と言われています。付与されるボーナスは入金額の100%。1万円入金であれば1万円を手にすることになります。
カレンダーによって祝日が重なる時には日付がずれることもあるようですが、月の2週目と4週目に開催の可能性が高いようです。

入金ボーナスは抽選となっており当選者のみ利用できますので、もし外れたとしても数日あればあきらめずに何度かトライすれば開催期間中に当選する可能性も高まります。それも他の海外FX会社でありがちな「初回入金のみ」というのではなく、トライすれば何度も受け取ることができるのが特徴です。

ただしボーナス対象は「オールインワン口座」のみ。ノースプレッド口座では受け取ることが出来ませんので注意してい下さいね。

入金に関する手数料を補填してくれるサービスがある

ゲムフォレックスには、入金時に発生する手数料をゲムフォレックス側で負担してくれるというサービスがあります。
ここで言う「入金手数料」とは、振込手数料など、振り込みにかかる手数料の全てとなっていますので、申請しない手はありません。

送金にて負担した際の手数料金額がわかる画像等(カメラも可)を下記フォーマットにて、窓口までご送付するようにしましょう。また、マイページ上の「振込手数路湯返却申請」より必お湯情報、書類をアップロードするのでもよいようです。

---------------------------------------
宛先:support@gforex.asia
件名:送金手数料リクエスト
本文:
・お名前
・ご登録のメールアドレス
・手数料金額を反映する口座番号
---------------------------------------

注意点
  • 出金申請をしたのちの「送金手数料リクエスト」はできないということ
  • 合計金額で申請することはできないので、それぞれの入金ごとに書類アップロードをする必要があるということ

この2点には注意しましょう。

海外FX他社の入金手段にはどんなものがある?

ゲムフォレックスは全部で13種類と多彩な入金手段がありますが、現状は7つがメンテナンス中となっており、半分ほどしか利用が出来ない状態にあります。

たとえばゲムフォレックスと双璧をなすXM(XM Trading)の場合には、

  • 国内銀行送金(日本)
  • クレジットカード/デビットカード(Visa/JCB)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • BXONE(ビーエックスワン)

といった5つの入金方法が存在しています。ただし新規ユーザーに関してはJCBカードによる入金とSTICPAYによる入金の受付を停止しており、過去に利用したことがある方のみの制限がかかっているようです。
そのため、2021年8月7日現在、XMでは「国内銀行送金(日本)」、「クレジットカード/デビットカード(Visa)」「bitwallet」「BXONE」の4つのみが利用できるということになっています。

XMの場合もゲムフォレックスと同じく、国内銀行送金の場合には反映まで30分~1時間程度、それ以外の決済手段だと即時反映となっています。

XMの場合一つ注意しなければならないことがあります。それは、入金手段はえらべるものの出金方法は自分で選べないということ。もしゲムフォレックスだけでなくXMや他の海外FX会社を複数利用しようと考えているのであれば、入出金における決済手段は統一しておくのが安全です。

ゲムフォレックスの出金方法はどうなっている?

ここまでゲムフォレックスの入金手段についての情報をまとめてきましたが、入金があれば出金もあります。
はたしてゲムフォレックスの出金方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

ゲムフォレックスの出金方法のページを参照すると、記載されている出金方法は3種類「銀行送金」「bitcoin」「bitwallet」です。しかし「bitcoin」「bitwallet」に関しては「現在メンテナンス中です、ご迷惑をおかけいたします。ご利用可能となりますまでしばらくお待ち下さい。」となっており、利用が出来ない状態となっていることから、実質「銀行送金」しかできないようです。

ゲムフォレックス取引口座から出金を行う場合には、まずはマイページにログインし、マイページメニューより「出金(Refund)」をクリック、希望する出金方法を選びます。出金において必要な情報を入力等行い、出金申請完了することで出金が行われます。

ゲムフォレックスにおいては第三者からの出金依頼を一切受け付けないというポリシーがあります。これはマネーロンダリング防止の観点ということもありますが、昨今のオンライン決済の拡大に伴い、普通の形態となりつつあります。

そのためゲムフォレックス口座から出金依頼をする場合には、口座名義と同一であること、居住国、または国籍を持っている国内金融機関の口座のみを受け付けていますので、もし第三者名義での出金申請がなされた場合には申請が確実に却下されると思っておいてください。

クレジットカードを利用して入金している場合の出金について

ゲムフォレックスでクレジットカードを使用した入金方法を取っている方は、出金申請を行う際に、使用したすべてのクレジットカードの表面画像の提出(カード番号確認のため)が必須となります。この認証が通らない限りは出金依頼がゲムフォレックス側で却下となってしまいますので、覚えておきましょう。

またクレジットカード入金したにも関わらず、一度もトレードせずに出金申請を行った場合、クレジットカード枠における現金化を目的とする不正を防ぐため、カード会社の許可が必要となり、時間を有する場合があります。この際にクレジットカードで合計50,000円を超える入金を行った場合で、数回の取引にて出金申請をした場合も同様です。

まとめ

今回は、ゲムフォレックスの入金方法とその種類、お勧めの入金手段などについて詳しく見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

ゲムフォレックスには現在13種類の入金方法が公式サイト上は表示されているものの、半数近くが現在メンテナンス中となっており、実質6種類の送金手段しか稼働しておりません。その中で、もっともおススメとなるのが「銀行送金」であり、こちらさえ押さえておけば、ゲムフォレックスにおける入金は間違いないでしょう。
中には「クレジットカード」を利用したいという方もいらっしゃると思いますが、少額決済の場合には「銀行送金」、5,000円を超えるような入金を検討している場合には「クレジットカード」の利用がおススメです。

それ以外にもゲムフォレックスにはオンラインウォレットサービスや仮想通貨を利用した入金方法がありますので、興味のある方は銀行送金を軸に試してみるのも良いかともいます。