ゲムフォレックス 違い

海外FXの中でゲムフォレックスは日本人にも非常に高い人気を誇る海外FX会社。実際のトレーダーもかなりの人数となっており、開設口座は46万を超える数となっているほどです(2021年8月6日現在)。

そんなゲムフォレックスをはじめ、FXをスタートさせたいと考えるFX初心者の方の中には「海外FXの方が一攫千金狙えるので魅力的」「海外FXより国内FXのほうが危険だと聞いた」など、様々な意見に振り回されて、どこのFX会社で口座を開くのがベストなのかよくわからない、という人もいるのではないでしょうか?

日本のトレーダーがFXをスタートするとなった場合、当然ながらゲムフォレックス以外にもいろいろな選択肢があります。国内FXもあるわけですし、海外FXでゲムフォレックスとよく比較されるXM、さらにはもっとハイレバレッジを誇るFBSなど様々なFX会社が目白押しなわけで、そこからどれを選ぶかは様々な要素を比較検討してみるしかないわけです。

そこで今回は、沢山あるFX会社の中で、ゲムフォレックスと他のFX会社とにどのような違いがあるのか?
他の海外FX会社XMや国内FXと比較しながら見ていくことにしましょう。

目次

まずはゲムフォレックスをよく知ろう

単なるうわさや聞きかじった情報だけでは不安ですから、まずはゲムフォレックスとはどのような海外FX会社なのかを知っておく必要があります。

会社名 GEM GROUP NZ LIMITED
本社 Level 1, 275 Onehunga Mall, Onehunga,Auckland
香港オフィス Room 607, Yen Sheng Centre,64 Hoi Yuen Road, Kwun Tong,Kowloon, Hong Kong
ベトナムサポートセンター A&B Tower, 76 Le Lai Street, Ben Thanh Ward, Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
UK オフィス 20-22,Wenlock Road,London,England
TEL (+84)-28- 62561119 電話問い合わせ不可
受付時間 平日 10:0017:00
設立 2010年625
ニュージーランド金融ライセンス番号 FSP564306
資本金 $100,000,000
代表取締役 CEO Tang Chuan
最高執行責任者 COO Marvin Bueno
取締役 Junichi Aoshima

Masaaki Ueda

Yuji Todoroki

社員数 52名

2010年に設立されたゲムフォレックスは、楽天リサーチによる2017年11月のサイト比較評価に関するイメージ調査において「金融業界関係者が選ぶ初めてのFXに安心だと思うFX会社」「金融業界関係者が選ぶサポートが丁寧だと思うFX会社」「金融業界関係者が選ぶ入出金の対応が早いと思うFX会社」の3つの部門で1位を獲得するほどの日本人にとにかく人気が高い海外FX会社。国内FX、海外FXに限らず、FXをスタートしようと思ったら、必ずといっていいほど選択肢にはのぼってくるので、名前は聞いたことがあるという人が大半かと思います。

そんなゲムフォレックスが海外FX会社の中でも評価が高い理由としては、日本人向けに徹底したサービスが行われており、どんな海外FX初心者でもとてもわかりやすいサービスを提供することに、一切の妥協を許さない海外FX会社であるということが挙げられると思われます。

ゲムフォレックスのメリット
  • わずか30秒で口座開設が完了できる
  • 無料で自動売買ソフト(EA)やミラートレードが使いたい放題(利用数には条件があります)
  • 海外FXの中でもハイレバレッジとされる最大1,000倍のレバレッジ
  • 約定率は99.99%が0.78秒以内に執行される
  • 低スプレッド口座あり(ノースプレッド口座)
  • 国内決済に対応
  • 日本人スタッフがとにかく多い
  • 入出金対応はスピーディで即日反映のものも多い
  • 豪華なボーナスキャンペーンが常時開催

素晴らしいサービスがトレーダーを惹き付けているのだと思われます。

ゲムフォレックスの設立について

ゲムフォレックスの運営会社ですが、ニュージーランドにあるGEM GROUP NZ LIMITEDとなります。

日本以外の地域では、英語圏および中国や香港、台湾、韓国といったアジア圏をベースとした展開が目立ちます。

2019年6月、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)の金融ライセンス【FSP564306】を取得、これまで不安視されていた安全面が、大きく改善されることになりました。

ゲムフォレックスの前身が2010年、日本人によって設立された「GemTrade」という企業で、この会社はFX自動売買ソフト(EA)の無料提供を行った会社でした。そこからのスタートで、ミラートレードを展開したり、右往左往しながら、現在のスタイルになりました。このGemTradeでの経験が、ゲムフォレックスでのFX自動売買ソフト(EA)やミラートレードの無料利用につながっています。

現在も経営陣の4名のうち3人は日本人であることや、スタッフの多くが日本人といったところからもわかるように、経営に加えて様々なサービス面では日本を意識した日本向けのサービスを展開している海外FX会社ということもあり、海外FXの初心者には目につきやすいのではないでしょうか。

ゲムフォレックスのサポート力の高さ

ゲムフォレックスでは「海外FXをどうスタートしていいかわからない」といったFX初心者や、「国内FXの経験しかなく、海外FXやってみたいものの少々怖い」といった方が不安になることなく安心してトレードを実施できるように、丁寧なお客様サポートを行っています。

ゲムフォレックスが日本語対応可といっても、実はお客様サポートを日本人が日本で行っているのではなく、ベトナムのホーチミンにあるカスタマーサポートで行われています。

スタッフのベトナム人が対応しているのだと、日本語は大丈夫だろうか?という点にはご安心を。きちんと日本人スタッフが常駐しており日本語チャットや日本語メールにはなにも問題なく普通に日本語での返答が行われます。

その最たるものは、公式サイトの日本語の読みやすさ。海外FXを始めようとする場合「海外FXのサイトなら全部英語でかかれているのでは?」と思っている方もまだいるかもしれません。しかしながら、最近では日本人トレーダーが増えていることもあり、ほとんどの海外FX会社が日本語公式サイトをしっかり作りこんでいるのが見受けられます。

とはいえ、ひどい海外FX会社の公式サイトでは、日本語ではたしかに書かれているものの、あまりに不自然な日本語となっており、google翻訳などを使ったのではないか?と思われるようなサイトもチラホラ。

サポート面においても、日本語は不可で、英語でのみコンタクト可能な電話やチャットとなっているところもまだまだあります。

ゲムフォレックスにおいては多言語対応もしっかりしており、英語といった公用語以外にも、日本語をはじめ中国語、台湾語に対応しているなど、グローバル対応は積極的。そのため、日本人であっても安心して利用することができるようになっています。

現在ゲムフォレックスでは、お問い合わせについてはチャットまたはメールにて受け付けているようで、平日の10時~17時の間であれば比較的すぐに質問に応えてくれます。もし営業時間外でも、休日でなければ24時間以内になにかしらの返答があるようだと思っていて大丈夫です。

ゲムフォレックスの経営ビジョン

ゲムフォレックスの経営ビジョンですが、公式サイトには

  • 世界一有名なFX会社を目指す
  • 世界最大級の投資ポータルを目指す
  • 1人1人のお客様を大切に末永くご利用頂ける環境作りを目指す
  • 世界一速いレスポンスを目指す
  • 銀行運営を行い、全金融サービスのオールインワン化を目指す

という内容が記載されています。

ゲムフォレックスはアジア以外のエリアではそれほど知名度が高いとは言えず、まだまだこれからの会社。グローバル企業として、経営ビジョン通りの施策を期待したいものですね。

ゲムフォレックスの企業理念

ゲムフォレックスは「全ては最高の投資環境をお届けするために」といった経営ビジョンを掲げていますが、ゲムフォレックスという社名には「世の中に広がるトレードの方式」をトレーダーに提供してく企業という想いがこめられていますので、世界規模のトレード環境の安定化を目指してもらいたいと思います。

ゲムフォレックスの取引商品

現在ゲムフォレックスで取り扱っている商品ですが

  • FX
  • CFD

の2つです。

まず「FX」についてですが、正式にはForeign Exchangeの略で「外為証拠金取引」を意味します。これは外国通貨を売買することによって出た損益を決済する金融商品とのこと。取引を行う際には、必ず異なる二国間の通貨ペアが必要となります。

ゲムフォレックスの場合には、最大1,000倍のハイレバレッジを利用して、少額の証拠金を利用してレバレッジをかけ、大きく運用できる点が最大の魅力といっても過言ではありません。

さて、ゲムフォレックスではもう一つ「CFD」というものがありますが、FXは知っていてもこちらはあまり知らないという人も多いのではないかと思います。

このCFDは「差金決済取引」のことを言います。証拠金をFX会社に預託し、国内外の株価や通貨、金融商品価格や指数を参照した上で差金決済による売買を行うものです。

FX自体もある意味では差金決済取引と言えますが、FXとそれ以外という分け方をし、株価指数や株式などをCFDと覚えると理解しやすいかもしれません。

ゲムフォレックスのCFD取引としては

  • 株式指数
  • エネルギー

の2分野についての取扱があるのを知っておくと良いでしょう。

株式指数については、日経225/DAX(GER30)/FTSE 100 (UK100)/NASDAQ (US100)/US30 (DJ30)/US500 (S&P500)/ASX200 (AUS200)/Euro50 (EUSTX50)/Hang Seng50 (HK50)/CAC40(FRA400)の10種類となります。

エネルギーにおいてはBRENT(イギリス北海にあるブレント油田にて採掘される軽質油)とWTI Light Sweet (WTIUSD:ウェスト、テキサス、インターミディエイトなど複数の原油をブレンドしたエネルギーコモディティのこと)の2種類です。

ゲムフォレックスのCFD取引での取り決めとして、FXと同一口座での取引が行えることや、0.78秒以内に99.99%の約定率があること、MetaTrader4(MT4)が利用可能であるということ、口座開設は最短30秒で可能なこと、リクオートや約定拒否がないこと、隠れマークアップもないことなどがあります。

ゲムフォレックスの取引時間

ゲムフォレックスのオンライン取引可能時間は日曜日GMT21:00 – 金曜日GMT21:00となっています。
これは日本時間だと

冬時間:月曜7:10~土曜6:50
夏時間:月曜6:10~土曜5:50

となります。

ゲムフォレックスの取引口座を知っておこう

ゲムフォレックスの取引口座についてですが、ゲムフォレックスには「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2つのメイン口座があり、それ以外にも「レバレッジ5,000倍口座」と「デモ口座」という口座があるのですが、レバレッジ5,000倍口座は口座数が限定されていること(2021年8月6日現在募集停止中)とデモ口座はトライアル口座でリアル口座ではないことから、覚えておきたいのはメインの2つの口座についてのみで結構です。

ただし、情報としては一応掲載しておきますので、各口座の詳細について細かく表で見ていくことにしましょう。

オールインワン口座

基本通貨 USD/JPY
Lot数 0.01Lot~
初期預託金 100円($1)
最大レバレッジ 1,000倍
主要通貨スプレッド 1.3pip〜
取引手数料 無料
予約注文 指値、逆指値
チケット単位のLot制限 30Lot
口座単位における保有ポジション数 30
ヘッジ 可能
利用制限 なし。裁量、EA、ミラートレード等に制限はなく1つの口座で利用可能
その他 オールインワン口座ではMT4(MetaTrader4)と自動売買ソフト(EA)へのアクセスが無制限

ノースプレッド口座

基本通貨 USD/JPY
Lot数 0.01Lot~
初期預託金 300,000円($3,000)
最大レバレッジ 1,000倍
主要通貨スプレッド 0.0pip〜
取引手数料 無料
予約注文 指値、逆指値
チケット単位のLot制限 30Lot
口座単位における保有ポジション数 30
ヘッジ 可能
利用制限 裁量トレード専用口座においてEA・ミラートレードの利用が不可、インディケータは可能。
その他 ボーナス対象外口座

レバレッジ5,000倍口座(1,000口座限定)※現在は募集停止中

基本通貨 USD/JPY
Lot数 0.01Lot~
初期預託金 入金上限10万円まで
最大レバレッジ 5,000倍
主要通貨スプレッド 0.1pip〜
取引手数料 無料
予約注文 指値、逆指値
チケット単位のLot制限 30Lot
口座単位における保有ポジション数 30
ヘッジ 可能
利用制限 EA・ミラートレードの利用不可
その他 ボーナス対象外口座。
累計利益と合わせ含み益が100万円超となると強制決済※複数ポジション保有の場合は合計評価益

デモ口座

基本通貨 USD/JPY
Lot数 0.01Lot~
初期預託金 1,000,000円(10,000USD)の仮想残高
最大レバレッジ 1,000倍
主要通貨スプレッド 1.3pip〜
取引手数料 無料
予約注文 指値、逆指値
チケット単位のLot制限 100Lot
口座単位における保有ポジション数 30
ヘッジ 可能
利用制限 なし

ゲムフォレックスの口座開設手順について知ろう

さて、ここからはゲムフォレックスの口座開設について流れにそって見ていくことにします。

まずはゲムフォレックスの公式ホームページを開きましょう。口座右上部に赤く「リアル口座開設」と書かれたボタンがありますのでそれをクリックします。

そうすると口座開設用のフォームが立ち上がります。
そうしましたら「口座タイプ」、「登録種別」、「名前」、「メールアドレス」の4つの内容を記載・選択した上で口座開設を進めるようにします。

ゲムフォレックスでは「口座タイプ」、「登録種別」、「名前」、「メールアドレス」を入れるだけで口座開設が可能というスピーディさが売りなので、ここまで約30秒で行うことができます。

口座タイプ 特にいじらずデフォルトで選択されている「日本円口座(オールインワン)」を選択しましょう。
登録種別 こちらは「個人口座」を選択します。
名前 名前は英語での入力となります。
メールアドレス 半角英数字で正しく入力します。ここに登録・設定するメールアドレス宛にゲムフォレックスから完了メールが送信されますので間違いがないか気を付けて入力しましょう。

以上4つの項目を選択または入力し「私はロボットではありません」にチェックを入れましょう。
ここにチェックを入れないと送信できませんので、忘れずに行います。

チェックを入れると「口座開設」ボタンが登場するのでクリックしてください。その後「入力内容を再度ご確認いただき、ページ下部の送信ボタンをクリックしてください」という表示が現れます。確認画面となりますので、問題なければOKを押して、先ほどまで「口座開設」だったボタンが「内容送信」ボタンに変わったのを確認します。

入力内容に問題がなければ「送信」ボタンを押しましょう。

送信完了すると「口座開設完了」ページに移ります。これで口座開設の手続きが完了したことになります。

手続き完了後、登録メールアドレス宛に口座開設完了の連絡がすぐに届きますので、忘れずにすぐ内容を確認します。

メールは2通届きます。「登録完了通知」と「口座開設完了のご案内」です。

「登録完了通知」のメール

メールの内容について触れていきましょう。
登録完了通知メールにはゲムフォレックスの「マイページ」へのログインボタンとログインパスワードが記載されていますので、ゲムフォレックスのマイページへ移動しログインを行っていきましょう。

「口座開設完了」のメール

もう1つの口座開設完了メールですが、開設完了のインフォメーションが書かれていますが、他に「口座番号」や「パスワード」、「サーバ情報」、「パスワードの種類」、「新規口座開設ボーナス受取について」、「MetaTrader4 ダウンロード」といった重要な情報が記載されています。内容を確認したら「マイページログイン」へアクセスしてみましょう。

ログインフォームに「登録メールアドレス」と「パスワード」を入力すればログインできます。ログインするとユーザーマイページの中が見れるようになります。

 

ここでまず行っておきたいのが、本人確認登録です。ゲムフォレックスでは身分証の提出を行ってはじめて正式な本人確認が完了となります。本人確認が行われないと、口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取ることができなかったり、出金を行う際には本人確認が行われていることが前提となりますので、最初に行っておくとのちのちのトレード対応がスムーズになります。

ゲムフォレックスでの身分証提出方法について知ろう

ゲムフォレックスでは本人確認書類の中に身分証の提出が含まれます。

身分証明書として利用可能なものは「運転免許証」や「パスポート」、「その他の証明書」、「法人証明書」、「個人事業主証明書」のうち、準備できるもの、提出可能なものを選択しましょう。該当する身分証をスマホのカメラ等で撮影し、「ファイル選択」より画像ファイルをアップロードしましょう。できるだけ明るくすることや、欠損がないこと(免許証番号が切れているなど)が必須となります。

「各種ID/生年月日入力」では「生年月日」を西暦で入力しましょう。

つぎの「身分証各種ID」入力欄には、提出する身分証のID(免許番号やパスポート番号)を入力しましょう。

もし先ほど登録した身分証明書において、以前に住所変更を行ったりしたため、裏面に住所内容の記載があるようなケースでは「身分証裏面、住所記載面」にて画像を別途アップロードする必要があります。

「ご本人と身分証」部分には、本人と身分証明書が一緒の写真におさまるよう撮影したものの登録が必要です。身分証の本人写真で自分だとはっきりわかる形で撮影できているかは、アップロード前にきちんと確認するようにしておきます。

最後に「住所証明書」の登録が必要です。先ほど身分証明書でアップロードしたものとは異なる書類で住所確認できるもののアップロードが求められますが、利用できるのは「公共料金領収書」や「クレジットカードまたは会社携帯電話の請求書」、「住民票」、「健康保険証」、「マイナンバーカード」等が提出可能です(住所証明書は発行日より3か月以内という期限付き)。もし健康保険証のように住所が記載されていないものがある場合には、手書きで住所を記載したものを撮影、アップロードするようにしましょう。

全ての情報が揃い入力、アップロードしたら「上記内容にて送信する」ボタンを押しましょう。

送信完了すると「送信完了しました。審査完了までしばらくお待ちください」と表示され審査待ちとなります。審査終了後、ゲムフォレックスからメールが届いたら本人確認が完了です。

ゲムフォレックスの口座維持手数料について

ゲムフォレックスには、口座維持手数料が存在しています。しかし通常の継続トレードがある場合には口座維持手数料は発生しません。しかしながら、毎年1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の時点において90日間全くトレードをしていない口座がある場合には15$(1,500円)がかかってしまいます。

ただし口座残高がゼロの場合には手数料が引かれることはありません。

ゲムフォレックスの入出金について

ゲムフォレックスの入出金方法ですが公式サイトに記載されているもので入金方法が13種類、出金方法が3種類あります。

ゲムフォレックスは銀行の送金手数料を負担してくれる海外FX会社なので、送金手数料自体は無料ではあるものの、中継銀行を経由した際にかかってしまう手数料や着金手数料がいくらかかかる場合がありますので、混同しないようにちゅういしましょう。実際に手数料がいくらかかるのかを知りたい場合には利用予定の銀行に確認しておきましょう。※ゲムフォレックスの場合には三井住友銀行となります。

ゲムフォレックスの入金方法

ゲムフォレックスの入金方法は、銀行送金やクレジット決済(Visa, Master, アメックス, DINERS Club, DISCOVER)、ビットコイン決済、PayPal決済、PerfectMoney決済、MegaTransfer決済、PAYEER決済、bitwallet決済、Ethereum決済、STICPAY決済、中国国内銀行決済など多彩です。しかし現在メンテナンス中で利用出来ないものも多く、実施に利用できるのは2021年8月6日現在6種類となっています。

なおゲムフォレックスには、入金にかかる振込手数料などをゲムフォレックス側が補填してくれるという便利なサービスがあります。しかし補填を受けるためには「振込手数料返却申請」が必要となるため、送金時、自己負担となった振込手数料の金額、振込人名義、振込日時が確認できる明細書をスマホカメラ等で撮影し、マイページ上の「振込手数料返却申請」からアップロードしてください。

手間かもしれませんが、振込手数料は微々たるものでも積み重なるとかなりの金額になりますので必須対応です。

主な決済方法

種類 基本通貨 手数料 最低入金額 反映時間 備考
銀行送金 JPY 無料 1,000円 入金後即時 なし
クレジットカード決済 USD/JPY 無料 50$(USD)/5,000円 即時 ※日本国外決済となるので決済時間と請求日時が異なることがあります(17時間)
ビットコイン BTC 無料 0.01BTC 即時 なし

ゲムフォレックスの出金方法

ゲムフォレックスの出金方法についてですが、現在のところ、ビットコインやbitwalletがメンテナンス中となっているため利用不可のため、実質的に銀行送金しか利用できるものがありません。

種類 基本通貨 手数料 最低出金額 反映時間 備考
銀行送金 JPY 無料 1円 3~5営業日 なし
出金時の注意点
ゲムフォレックスにて銀行送金の場合には、口座名義と同一および居住国・国籍がある国の国内金融機関口座でないと出金することができません。

また、日本以外にある銀行口座への出金の場合、当月において1回目は無料ですが2回目以降だと、手数料は取引した本人負担(1回につき出金額の2%、20万円以下の場合には一律4,500円)となりますので注意しましょう。

さらにボーナス取引のみで出金するケース、入金したものの一度もトレードを行わずに出金してしまった場合には、出金手数料が4,500円もかかってしまいます。

ゲムフォレックスの魅力について

ここからはゲムフォレックスの魅力について細かく見ていきましょう。

海外FXで一般的な追証なしゼロカットシステムを採用

ゲムフォレックスでは追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

このゼロカットシステムとは、もし証拠金残高がマイナスになった場合でも、FX会社側がその際に発生した損失分を補填してくれるシステムとなっています。このゼロカットシステムの対応方法としては、証拠金残高がマイナスとなった段階で、基本60分以内にボーナス付与分として相殺してくれるというもの。

国内FXのように追証が発生することもないので、借金を背負うことなく思い切ったトレードを行うことを可能にしてくれます。これが海外FXが安全と言われる一つの理由となっています。

ゲムフォレックスのプラットフォーム

ゲムフォレックスで利用可能なプラットフォームはMT4(MetaTrader4)のみです。
インストール方法や基本的な使い方などはゲムフォレックスの公式サイトにある動画で詳しく解説してくれていますのでそちらを参考にしましょう。

WindowsMT4推奨動作環境
  • Microsoft Windows 98 SE2、またはそれ以上のOSがあるPC
  • Intel Celeronをベースとした1.7 GHz以上のCPU
  • 1024×768画素以上の画面解像度
  • 256 MB、またはそれ以上のRAM
  • 50 MBの自由なドライブスペース
MAC MT4動作推奨環境
  • Mac OS mojaveまで
デバイス
  • Android対応MT4
  • iPhone対応MT4
  • Androidタブレット対応MT4
  • iPad対応タブレットMT4
  • PC対応MT4
  • Mac対応MT4
  • GEM MT4 WebTrader(ブラウザ対応)

ゲムフォレックスの自動売買ソフト(EA)

ゲムフォレックスでは、無料でGEM Trade(ゲムトレード)の自動売買ソフト(EA)を利用することができます。
最初に説明しましたが、ゲムフォレックスの前身GemTradeの流れからこのソフトが無料で使えるというメリットはゲムフォレックスだけの最大の特典です。

通常のFX会社の場合、自動売買ソフト(EA)は有料となるものが多い中、ゲムフォレックスは150種類以上の自動売買ソフト(EA)が無料で利用できるのですから、これだけでも儲けものですね。

ちなみに「EA」とは「エキスパートアドバイザー」の略で、FX取引を有利にしてくれるツールを指します。

つまり、あらかじめ設定した状況下で購入・売買を行うかどうかを設定することで、あとは放っておきEAツールを使用して勝手に売買を行うことができるのです。これにより人間の感情に左右されることなくFXトレードを行えるようになります。

このゲムフォレックスの自動売買ソフト(EA)は、無料といえおも非常に高性能のものも出回っており、人気ランキングやダウンロードランキングから自由に選べます。もし自分と相性の悪いソフトであると感じたら、すぐに他の自動売買ソフト(EA)とチェンジすることもできます(ただし条件により利用できるソフトの数に制限あり)。

ゲムフォレックスのFXミラートレード

FXにおける「ミラートレード」とは、希望の「ストラテジー(自動売買取引に関する情報を提供してくれるトレーダーまたはプログラム)」を選択しておけば、FX会社に対して自動的に発注をしてくれる仕組みです。

成果を出し続けるプロのトレーダーや自動売買ソフト(EA)の売買システムをそのままコピーした形でトレードできるものです(ミラー=鏡を意味しています)。このミラートレードの際には、PCを起動させたり、VPSを利用するといったことは一切不要。

自動売買ソフト(EA)と同様にこちらもゲムフォレックスでは充実しているのですが、沢山あるストラテジーの中から最適と思うのを見つけるのは一苦労、という方は、ピックアップFXストラテジーや人気FXストラテジー、FXストラテジー成績ランキング等を参考に選択すれば失敗する確率を最小限にしてくれることでしょう。

ゲムフォレックスのミラートレードはゲムフォレックスのオリジナル製品のため、トレーダーの声によって使いやすく改良されており、FX初心者をはじめ誰にでも簡単に利用することができるのが特徴です。

ゲムフォレックスのVPS

先ほどご紹介した自動売買ソフト(EA)を使用する際、実は常にパソコンを起動させ続ける必要があります。そのため、自宅等でトレードを行う際には回線状況が気になってしまいがち。

そこでゲムフォレックスでは独自のMT4VPSサービスがあるので、自動売買ソフト(EA)を利用する際には検討してみても良いでしょう。

VPS上にMT4をインストールすることによって回線トラブル等考えることなく、24時間365日自動売買ソフト(EA)を稼働させ続けられます。ゲムフォレックスのVPSは一定条件を満たすと無料で利用できますが、もし条件をクリアできなくても月額28ドルとそれほど高くないので、自動売買ソフト(EA)を検討している方はまずはVPSを抑えるところからスタートしてもよいでしょう。

ゲムフォレックスと他社を比較してみる

ここからはゲムフォレックスと海外FXでも有名なXMとの比較により、ゲムフォレックスの良さをさらに理解していきたいと思います。今回比較するポイントは全部で5種類

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • 通貨ペア
  • 自動売買ソフト(EA)やミラートレード
  • 安全性

ではそれぞれ見ていきましょう。

レバレッジ

ゲムフォレックスとXMのレバレッジを比較してみると

ゲムフォレックス XM
最大1,000倍 最大888倍

とレバレッジにおいては、ゲムフォレックスの方が上ということになります。平均レバレッジが400~500倍という海外FXの中では双方ともハイレバレッジとも言えますが、ゲムフォレックスの1,000倍の方がレバレッジは高めに設定されています。

スプレッド

ゲムフォレックスとXMのスタンダードレベル口座で比較した場合です。
USD/JPYにおけるスプレッドを見てみるとゲムフォレックス1.3とXM1.6となっており、ゲムフォレックスの方がスプレッドが狭くなっています。全般的に見てもゲムフォレックスのほうがスプレッドが狭く、ゲムフォレックスの方に軍配が上がります。

ゲムフォレックス

(オールインワン口座)

XM

(スタンダード口座)

USD/JPY 1.3 1.6
CHF/JPY 2.1 3.4
AUD/CAD 2.5 3.0
AUD/JPY 1.6 3.0
AUD/NZD 2.3 4.5
AUD/USD 1.5 1.8
AUD/CHF 2.4 3.5
CAD/JPY 2.0 3.4
EUR/AUD 2.3 3.8
EUR/CAD 2.2 3.5
EUR/CHF 2.0 2.9
EUR/GBP 1.5 2.0
EUR/JPY 1.4 2.6
EUR/USD 1.3 1.6
EUR/NZD 3.2 6.7
EUR/ZAR 102.8 130
GBP/AUD 3.2 3.9
GBP/CHF 3.1 4.0
GBP/JPY 1.9 3.5
GBP/USD 2.2 2.3
GBP/NZD 3.0 8.0
GBP/CAD 3.3 5.2
NZD/JPY 2.1 5.0
NZD/USD 1.8 3.0
USD/CAD 2.0 2.1
USD/CHF 1.9 2.4
USD/CNH 17.4 3.0
USD/SGD 3.3 20
USD/TRY 22.0 35
USD/MXN 55.0 110
USD/ZAR 16.0 11

通貨ペア

ゲムフォレックスとXMのFXにおける通貨ペアの比較ですが

ゲムフォレックス XM
33通貨ペア 57通貨ペア

と数の上ではXMの方が上となります。とはいえ、ゲムフォレックスの数が少ないとは言うものの、主要通貨ペアはゲムフォレックスでもしっかり押さえていますので、トレード上は特に問題なく、少々マイナーな通貨ペアでのトレードを検討している方にはXMのほうが利便性が高いと言えるかもしれません。

自動売買ソフト(EA)やミラートレード

ゲムフォレックスのサービスとしてある自動売買ソフト(EA)やミラートレードの利用は、XMの場合だと、EAは利用できるものの、ミラートレードはできないため、ミラートレードを検討している方はXMではなくゲムフォレックスを選択する必要があります。自動売買ソフト(EA)を利用したいのであれば、どちらのFX会社でも可能ですが、ゲムフォレックスでは無料で利用できる点が大きなアドバンテージとしてあります。

ゲムフォレックス XM
自動売買ソフト(EA) あり あり
ミラートレード あり なし

安全性

ゲムフォレックスとXM、どちらの安全性が高いのか?ということになると、「金融ライセンス」や「信託保全」といった点が焦点となります。

ゲムフォレックス XM
金融ライセンス ニュージーランドライセンス セーシェルライセンス
信託保全 あり あり

金融ライセンスはどちらの会社も取得していますが、より信頼度が高いのはセーシェルライセンス。ニュージーランドライセンスは正直なところないよりはまし、といったレベルの金融ライセンスとなっています。

しかしながら、海外FX会社の中にはいまだに金融ライセンスを保有していないところもあることを考えると、ゲムフォレックスは取得しているだけでも良い方かもしれません。
また信託保全についてですが、こちらは両方ありとはされています。
よってどちらの安全性が高いかといえば、金融ライセンスの格が高いXMといえるのではないでしょうか。

以上の5つを見てみると、どちらも飛びぬけて一方を出し抜くような特徴に欠けているように思えますので、ゲムフォレックスかXMかどちらかというよりは、両方の海外FX会社にて口座を持っておく、というのがベストな答えといえるのではないでしょうか。

海外FXと国内FXの違い

ここからは視点を変えて、海外FXと国内FXという、一歩上の立ち位置からゲムフォレックスを見てみることにしましょう。

FXトレードをスタートさせようと考えている方がまず悩むこととして、国内FXと海外FX、どちらを利用するのがよいのだろうか?という点です。

これについては双方にメリット・デメリットがあるため即決はしにくいのですが、正直好みというほかありません。自身の行うトレード手法や目指すべき方向性などを吟味したうえで国内FXか海外FXかを選択することになるでしょう。その過程でゲムフォレックスを知り、魅力を感じたら海外FXからFXデビューとなるかもしれません。

国内FXのメリット・デメリット

では海外FXと国内FX、どちらが良いかを検討するために、国内FXのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

安全性の高さ

国内FXは日本の金融庁からの厳しい審査を受けた上で運営を行っているのですが、それが安全性を高めているといっても過言ではありません。

さらに国内FXには信託保全が義務付けられているということがありますので、もし国内FX会社が倒産してしまったとしても預けた証拠金は返還されるようになっています。海外FX会社の中には信託保全がなく、分別保管のみというところも多く、証拠金が返還されない可能性を持ちながらトレード資金を預け入れるのも不安要素。その点では国内FXは安全性は高いと言えますね。

豪華なボーナスキャンペーン

国内FX会社の多くは、口座開設ボーナスなど豪華なキャンペーンを頻繁に実施しています。数千円のところから数万円のキャッシュバックなどもあり、トレード開始からボーナスを利用して自己資金を増やしたトレードを実現できるのは魅力です。

スプレッドが狭い

FXトレードにおけるスプレッドとは、買値と売値の差を意味しますが、取引コストを抑えたい方は、スプレッドが狭いことが必須となります。その点では国内FXはスプレッドが狭くおススメといえるでしょう。しかしながら、海外FXでも低スプレッド口座は最近増えているので、スプレッドが狭いから国内FX一択とはならない現状があります。

レバレッジは最大25倍

国内FXの最大レバレッジとなっており、海外FXのような500倍、1,000倍といったハイレバレッジをかけたトレードを行うことは国内FXでは日本の金融庁の規制により行うことができません。

海外FX口座のメリット・デメリット

次に海外FXのメリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

ハイレバレッジ取引ができる

海外FXの最大の魅力といってもいいほどのハイレバレッジトレード。レバレッジが高くなればなるほどリスクも高くなりますが、一攫千金を目指すならハイレバレッジのトレードは千載一遇のチャンスとも言えます。ここ最近では最大3,000倍というハイレバレッジが可能な海外FX会社もいます。

プラットフォームとしてMT4やMT5を使用できる

MT4は最も有名かつ利用者の多いプラットフォームで、海外FX会社の多くでこのMT4を利用することが出来ますが国内FX会社の場合MT4やMT5を利用できるFX会社はそれほど多くはありません。

そんなMT4ですが、最近は後継のMT5も出回り始め、より高度なテクニカル分析を行えるのが特徴となっています。ゲムフォレックスではMT4しか利用できませんが、それでも十分トレードを楽しむことは出来るので安心してください。

スプレッドが広め

海外FXは国内FXに比べるとスプレッドは広めです。さらに海外FX会社の多くは変動スプレッド制を採用しているため、日々スプレッドが変動します。特に経済指標の発表や、要人の発言時には、相場が大きく動くため、スプレッドが広くなりやすくなります。

海外FXが国内FXと比べ誤解されている点

国内FXと海外FXを比較する際に、日本人の多くの方は以下のような疑問を持つのではないかと思います。

  • 海外FXは英語ができないとわからないのではないか?
  • 海外FXはハイレバレッジなので借金を背負ってしまうのではないか?

そんな疑問は本当に存在するのかを見ていきます。

海外FXは英語ができないとわからないのではないか?

ゲムフォレックスの説明でもお伝えしてきたように、海外FX会社の多くが日本市場を開拓すべく、日本語サイトをオープンさせています。そのため英語がぜんぜんわからなくても海外FXは行えます。

あえて不安があるとすると、日本語サイトがあるといっても、日本人スタッフがいるかわからない海外FX会社のサービスに当たった場合です。ただし、日本語サイトの日本語レベルを見ればそれは一目瞭然。翻訳ソフトを使用したようなサイトでない限りは、日本語対応はある程度完備されているといえるので大丈夫です。

海外FXはハイレバレッジなので借金を背負ってしまうのではないか?

海外FXはハイレバレッジでありリスクも高いのは事実ですが、追証なしのゼロカットシステムが発動してくれるので、元本は失われたとしても、マイナス分の借金を抱えるようなことはありません。この点は国内FXの追証ありと大きく違う点で、国内FXのほうが借金を背負うリスクが高いのです。

ここは誤解がないように知っておかなければなりません。
また、必ずしもハイレバレッジトレードを行わないといけないというものでもなく、最大レバレッジが500倍や1,000倍というだけで、それ以下でのレバレッジでトレードしても全然問題ないわけです。

海外FXが向く人、国内FXが向く人

まとめに入っていく前に、海外FXのトレード向きの人と国内FXトレード向きない人の特徴について見ていきましょう。

海外FXに向くトレーダーは

  • 一攫千金を目指す収入増を期待する人
  • 専業トレーダーを目指す人

海外FXは口座開設ボーナスや入金ボーナスも充実しており、自己資金ゼロまたは。少額資金でもハイレバトレードによって莫大な利益を狙うことができるのが特徴です。

さらに、トレードに失敗したとしても追証がないため、安心してトレードが行えます(もちろん元金はなくなってしまいますが)。

次に国内FXに向くトレーダーですが

  • 本業に従事していて資金に余裕がある人
  • 副業トレーダーを目指す人

これはなぜかというと、確定申告など税金の支払いに影響してくることにも関係します。
国内FXで支払うべき税率は海外FXと比べて少なく済みます。これは一律で20.315%の税率となるため。

海外FXの場合には累進課税となるので、利益が大きくなると税率は最大で住民税分を加えると55%まで跳ね上がります。そのため、国内FXは資金に余裕がある人や副業トレーダーのように、本業がありFXをサブに考えられる人に向いています。

ゲムフォレックスがおすすめの人はどんな人?

以上のような情報を総括しゲムフォレックスがおすすめなのはどんな人かを考えてみると

オールインワン口座
海外FX初心者、投資資金が30万円以下(ノースプレッド口座の最低入金額以下)、口座ボーナスを利用してトレードを行いたい方、自動売買ソフト(EA)を利用したトレードを試してみたい方。
ノースプレッド口座
投資資金が30万円以上ありノースプレッド口座に口座が持てる方、スプレッドが狭ければ狭いほどいいと思う方。

まとめ

今回の記事では、ゲムフォレックスと他のFX会社とにどのような違いがあるのか?他の海外FX会社XMや国内FXと比較すべく細かく見てきましたがいかがでしょうか?

ゲムフォレックスを知れば知るほど、他の海外FX、特に比較されがちなXMとの違いが見えてきて、自分自身がポイントとすべきところがどちらに優位性があるのか見えてきたのではないかと思います。

さらには海外FXと国内FXを比較してみることでますます海外FXの魅力、なかでもゲムフォレックスの魅力を特に感じることができたのではないでしょうか?

これから海外FXを始めようとする方には、海外FXは怖くないと思っていただければ幸いですし、海外FXの中でゲムフォレックスを選んでトレードをスタートしてもらえるならこの記事を書いた意味もあると感じています。

ぜひゲムフォレックスで口座開設を行って、海外FXの楽しさを味わってみてください。